スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ内連載企画その1 ~宗教的でない宗教の話⑤~

神様の話を続けてお送りした本連載も、今回で最後です。
というか、前回ので締めとけば良かったんですけど、
なんとなく締め忘れました。
ん?そんなこといっても、毎回締まってないだろ?って!?
うっさいわ。キツネ。

そんなわけで、宗教の本質に触れない辺りで、適当につらつら文を書いてみたんですが、
基本的に多神教である日本人にとって、唯一神というものがわかりにくいように、
宗教というのは、意外と、その国の文化を支える基盤のようなものになっていることが多いです。

ですから、これからのグローバル社会に向けて、
最低限の宗教の勉強はしておくと、感覚的なレベルで役に立つことがあるかも。
とか思ったりします。

これは、筆者が留学生の飲み会に参加したときに感じたことですが、、、
ぶっちゃけ、言葉の壁はノリとゼスチャーとちょっとの英語があればなんとでもなるんです。
でも、"話すネタ"や"相手の価値観"をわからない状態で話すことは、結構難しいんです。

そ~いった意味で、英語を勉強するのと一緒に、
聖書くらいは読んどいたほうがいいんじゃないかなー?
とか、考えています。

まぁ、日本人の大半?が古事記を読んだことないのとおんなじで、
欧米の方も大半は、聖書を読んだことがないんでしょうけど、
なんとなーく、感覚は身につくと思うんですよ。

では、最後に一例を。
最近。。。でもありませんが、"草食系男子"という言葉が流行っています。
意味は、"恋愛に控えめで消極的な男子"みたいな感じで、
一説では、"男性に相手にされない女性が作った都合のいい言葉"と言われておりますが、
これは大きな間違いです。

基本的に、日本人は"草食系"なんです。
反対に、欧米人は"肉食系"ということになります。

なぜか?
その理由を宗教に結びつけて考えると、非常にしっくりするわけです。

基本的に、日本人は仏教を信仰しています。
その一方で欧米人はキリスト教ですね。
まぁ。どちらも大半の国民は、
信仰ってほど信仰はしていませんけど、
古来からの風習に染み付いた感覚は結構影響を受けているものです。

特に"愛"に対する考え方は両極端です。
簡単に言ってしまいますと、
 仏教における愛は"悪"
 キリスト教における愛は"善"

なんですね。

となると、あとは簡単。
日本人は欧米人に比べて、
"愛"というものに対して消極的になるのは当然の話し。
世間の考え方・風習がそうなんですから、
なかなか抜け出せるものではありません。

ちなみに、元5000円札の人が欧米人に日本人を紹介するために書いた、
"武士道"という本では、
"日本人は、外ではイチャイチャしないで、誰も見ていないところでイチャイチャすんだよ"
と言っています。
そうです。"ツンデレ"ですね。

そんなわけで、日本人が草食系になってしまうのは、
自然の理なわけですね。


まぁ、これはかなり主観の入った一例ですが、
そういう妄想が色々できるんで、聖書とか読むのオススメです。
でも、いきなり聖書とか重いと思う方は、"聖☆おにいさん"から始めたらいかがでしょうか?



スポンサーサイト

ブログ内連載企画その1 ~宗教的でない宗教の話④~

さりげに昨日は更新できずにすいませんでした。
でも、徹夜だったんで、許してください。

さて、前回は、"唯一神=偶像崇拝禁止"という話をしつつ、
日本人には、その感覚が理解しにくいというお話をしました。

そのせいかどうかはわかりませんが、
現在の日本では、"アイドル"という存在が、わさわさとはびこっています。

待機時にも電池を消費してしまう、、、
アイドルってなんて嫌な存在なんでしょう。。。
最近、ソフトバンクから新しいスマフォがリリースされましたが、
パナの携帯は、無駄にCPUと通信速度を上げた結果、
NECの携帯にくらべて、およそ半分ほどしかバッテリーがもたない仕様になっています。
。。。はい、ごめんなさい。
それはまた、別のアイドルです。

今回、話の中心になるのは、テレビとかで歌?を歌っている?アイドルの方です。
特に、AKB48やジャニーズなどの有名なグループは、
アメリカからも人の性欲を巧みに利用したビジネスモデルだと絶賛されるほど、
多くの人間を虜にしてやみません。
つまり、現在もアイドルは、人々の信仰を集める存在になっています。

しかし、そのアイドルが、神様の姿をしているのならまだしも、
現在のアイドルがそんな姿をしているわけはありません。
もちろん古来より、神様の代役を務める姿の異なった存在は、
巫女という形で存在していましたが、
現在のアイドルとの相違点は、バッグに何もいないということです。
(・・・まぁ、強いていうなら、お金ですかw)

そのような状態で、信仰を集めるということは、
アイドル自身が神様になったということ。
つまり、"現在のアイドル=現人神"
という式が成り立つことになります。

となると、現在、"信仰"という日本語で書かれた言葉は、
現人神の為に存在している言葉なのか?
と疑問に思い、ちょうどうさぎ年ということもあって、
去年の頭にちょっと調べてみました。

その結果。
"あぁ。確かに現人神の為に存在しているわw"
ということがわかりました。

ちなみに、余談ですが、そのような信仰の分散を防ぐために、
唯一神を掲げる宗教では、偶像崇拝を禁止しているわけです。


ブログ内連載企画その1 ~宗教的でない宗教の話③~

さて。
では、なぜ、偶像崇拝が禁止されているか。

それを理解するためには"唯一神"という概念を理解しないといけないわけで、
これが、日本人にとって、他宗教を理解出来ない、ひとつのハードルになっているわけです。

例えば、古事記において、ニギギノミコトは、
嫁いで早々妊娠した咲耶さんを"浮気してたんじゃね?"と疑ったという話は有名ですが、
唯一神を掲げる宗教において、神は全知全能ですから、
そもそも疑うという行為がナンセンスということになります。

基本的に無信教の日本人にとっての神様って、
 "都合のいいときだけペコペコして、ご利益を受けようとする対象"
って感じなんじゃないですかね。

どっかの誰かが言った言葉に、
 "お客様は神様です。"
という言葉がありますが、
・・・うーん。言い得て妙ですねwww

・・・次回は、現在のアイドルの形について。


ブログ内連載企画その1 ~宗教的でない宗教の話②~

そんなわけで、アイドルについてですね。

まぁ、前回も言いました通り、アイドルというのは"偶像"のことなんですけど、
"偶像"ってつまり、神様等の形をかたどった、崇拝の対象となりうる像のことで、
わかりやすい所で言うと、奈良の大仏とか鎌倉の大仏とかですね。

日本にいると、キリスト教や仏教の文化に触れる機会が多いので、
普通、宗教には偶像がつきものみたいな、感覚が湧いてきますが、
基本的に、宗教は偶像崇拝をあまり心良くは思っておりません。
イスラム教は偶像崇拝絶対禁止ですし、
キリスト教も旧約聖書の中で、偶像崇拝を禁止しています。

バカの壁なんかでは、このへんの切り分けが、
非常にわかりにくい形で書いてあって、
"こいつ、ホントにわかってんのか?"
と疑いたくなります。
まぁ。。。間違ってはいないんですけど、
そこで書くと危険というかなんというか。。。

ベストセラーでそういうことしちゃうことが、
誤った認識の流布につながるのかなぁと思った、
若い日の思い出。

話がそれましたが、次回もアイドルの話が続きます。。。


ブログ内連載企画その1 ~宗教的でない宗教の話①~

そんなわけで、毎日長文書くのがスッゲーめんどくさくなってきたので、
ブログ内連載始めようかと。
要するに、短文をちまちま毎日書いていくって話です。

さて。
まえーに、友人から、"アイドルマスター"という単語を聞きました。
知っている方も多いと思いますが、
プロデューサーになって、アイドルを育てるゲームです?

なんとなく怪しい空気の漂うゲームなんですが、
しかし、それよりもヤバイのは、
この単語を聞いて、まっさきに"三十三間堂"を思い浮かべてしまった著者の脳です。

そんなわけで、一般的にはなんとなく
"チャラチャラしたもの"ってイメージのある、
"アイドル"という言葉ですが、個人的には"偶像"という意味が強いです。。。

つーことで、アイドルの話から、入っていきましょう。

・・・次回へ続く


プロフィール

たぬき♂

Author:たぬき♂
色々な側面から様々な事象を捉えていこうと頑張るこの番組。
ソースの大半は筆者の妄想ですので、鵜呑みにしないでくださいね。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。