スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオスと並行世界について

今日はちょっとまじめに、カオス理論と並行世界について、
簡単な説明をしてみようかと思います。
では初めに、例の定義を。

あるところに太郎君という青年がいました。
ある日旅行にでかけようと思った太郎君は、駅へ向かう途中、宝くじ屋の前を通ります。
"宝くじを買うか買わないか"
そこから、物語は始まります。

この選択肢をスタートとして、
それぞれのケースをシミュレーションしてみましょう。

 ・宝くじを買う→宝くじが当たる→車を買う
 →車でお出かけ→交通事故に遭遇→BADEND
 ・宝くじを買わない→宝くじが当たるわけない→車が買えない
 →電車でお出かけ→無事に目的地に到着→GOODEND

"宝くじを買うか買わないか"で物語の結末は大きく変わっていきます。
上で定義した通り、"宝くじを買うか買わないか"をスタートとしたわけなんで、
この選択が"初期値"となります。

御存知の通り、カオス理論は、"初期値"が決定した状態で最終的な結論が決定します。
哲学的?に言えば、"運命論"的な話ですね。
つまり、"宝くじを買うか買わないか"を決めた時点で、もう結末は決まっているというわけです。


では、次に、並行世界のモデルを考えてみましょう。
一般的に、並行世界のモデルとは、
"本来起こりうる可能性の分だけ世界が存在するモデル"といえます。
この場合、さっきの物語に加えてこんな可能性が発生します。

 ・宝くじを買う→宝くじが"はずれる"→車が買えない
 →電車でお出かけ→無事に目的地に到着→GOODEND
 ・宝くじを買わない→宝くじが当たるわけない→車が買えない
 →"バス"でお出かけ→交通事故に遭遇→BADEND

さっきのように初期値が決まっていても、
最終的な結論は過程で変化する事があるってことです。
生理学的に言えば、"自由意思"的な話ですね。


そんなわけで、非常に簡単ですが、カオス理論と並行世界の話はこんな感じです。
以下は余談になるんですが、これらの話を元に、2つの応用例を簡単に話したいと思います。

1つ目は、"原因と結果が同じでも過程が異なることがあり得るかどうか?"
ということです。
ドラえもん第1話で、のび太の孫のセワシ君が、これについてこんな話をしています。
"東京から大阪に行く時に、何を使って行っても方角さえ正しければ大阪に着くだろう"
カオス理論は、初期値が決定した時点で、最終的な結論が決定します。
逆に考えますと、初期値がどんな値でも、どっかの点は交われば、
過程はどうでもいいのです。
これが、"原因と結果が同じでも過程が異なること"ということになります。


もう1つの応用例は"時間移動"についてです。
SFの世界において、時間移動には大きく分けて、2つの原理があります。
1つは、”自分が存在している世界における、現在から過去への移動”です。
この原理で時間移動を行っている作品には、
バックトゥーザフューチャーやプロポーズ大作戦などがあり、
基本的に過去で何かをしたら未来が変わります。
例えば、一番最初の例で説明すると、

   ↓買わせないようにする(未来からの介入=初期値の変更)
 ・宝くじを買う→宝くじが当たるわけがない→車が買えない
 →電車でお出かけ→無事に目的地に到着→GOODEND

って感じになります。
つまり、初期値を変えることで、未来を変えることが可能となるわけですね。


一方で、もう1つの時間移動に"並行世界への移動"があります。
これは、時間移動は過去に移動してるように見えて、
実は別次元の今より遅れている世界に移動しているだけ。
という、理論で、タイムパラドックスの回避ができるため、
こちらもよく使われる理論です。
この原理で時間移動を行っている作品には、
タイムラインやドラゴンボールなどがあり、
最近のでは、まどか☆マギカがそれに相当します。

この理論の場合、先程と同様に

   ↓買わせないようにする(未来からの介入=初期値の変更)
 ・宝くじを買う→宝くじが当たるわけがない→車が買えない
 →電車でお出かけ→無事に目的地に到着→GOODEND

を行い、GOODENDとしても、元の世界では

 ・宝くじを買う→宝くじが当たる→車を買う
 →車でお出かけ→交通事故に遭遇→BADEND

のままなので、ドラゴンボールのトランクスのように、
場合によってはちょっぴり悲しい結末になります。

そんなわけで、長くなりましたが、カオス理論と並行世界について、
簡単に考えてみました。
多分、、、わかりにくいと思うので、また聞いてください(><)
スポンサーサイト

チョコレートーはーめ・い・じ♪

クッキーは大正
キャンディーは昭和
カントリーマァムは平成

そんなわけで、2月です。
今年もバレンタインの季節がやって来ました。

毎年、この時期になりますと、やれ
"今年のバレンタインは中止"だ、
"お菓子メーカーの陰謀に騙されやがって"だ、
"手作りチョコ?溶かして固めてるだけじゃねーか"だ、と、
醜い男どもの嫉妬がインターネットを汚染していきます。

確かに、一見すると、愛を伝える日バレンタインに、チョコレートを送るというのは、
科学的根拠のない愚かな行いに写ります。
ましてや、市販の板チョコをわざわざ溶かして、固めて、プレゼントするなんて、
エコの観点から見ても、非常に好ましくない風習です。
よって、お菓子メーカーの陰謀という説も一見、正しいように思えます。

しかし、実は、愛を伝える日であるバレンタインにチョコレートを送るということは、
大きな意味がある行動だったのです。

まず、このことを説明する前に、"チョコレート"というものについて考えてみましょう。
御存知の通り、チョコレートは、温めると溶けて、冷やすと固まります。
このような物質の性質を"熱可塑性"といいます。
チョコレート以外には、プラスティック等がこれに相当します。

ここで、"可塑性"という、聞きなれない言葉が出てきました。
この言葉を考える上では、その反対語に着目するとわかりやすく理解できます。
可塑性の反対語は"弾性"といいます。
こちらはよく聞く単語ですね。

弾性というのは、御存知の通り、
バネのように"伸びて縮んで"をする物質の性質の呼び名です。
では、その反対語である"可塑性"とは、どんな性質なのでしょうか?
ずばり、"伸びたら伸びっぱなし、縮んだら縮みっぱなし"
という性質の意味になります。言うなれば、粘土のようなものです。

その中でも、熱可塑性というのは、そのような可塑性の特性が、
熱によって起こる物質ということになります。


では、その一方で、今度は"愛"の方を考えてみましょう。
長年、学者たちの間では、"人の心はどこにあるのか?"
という問題に対して、様々な意見が交わされてきました。

場所の候補は"脳"及び"心臓"。
なぜか、心はハートの形で書かれることが多いんですよね。。。
しかし、様々な実験を通して、
どうも、脳をいじくると心に変化が発生するということが分かって来ました。
つまり、心は脳にある説が強くなったということですね。
そして、心がある場所には愛もあるはずです。

ところで、脳において、情緒や記憶の制御を行う部位にシナプスがあります。
そしてこのシナプスが情報処理を行うにあたって、重要な役割を果たす機能を
"シナプス可塑性"と言います。


ここまで言えば、関連性は明確です。
そうです。
チョコレートも愛(人間)も、可塑性という性質を通してつながっているのです。

つまり、わざわざ市販の板チョコを溶かして固める経緯には、
"私の想いがあの人の記憶に留まりますように"
という願いが込められているわけですね。

なんともロマンティックなお話ではありませんか!

そんなわけで、今年もチョコレート作りがんばってくださいね☆



知っていないと感動できないいくつかのもの

最近、電車や本屋のPOPで、東野圭吾さんの◯笑小説の広告をよく見かけます。
大きな文字で、
"こんな東野圭吾読んだことない!!"
的な事が書いてあるのですが、
個人的に、東野圭吾さんはこのシリーズ以外はほとんど読んだ事がないので、
ちょっと不思議な気分になります。

まぁ、長い期間を経て売れた作家さんではよく見られる現象ですね。

そんな彼の代表作に、探偵ガリレオというのがあります。
ドラマでも有名になった作品ですね。
実は私も小説は読んだ事がないのですが、
ドラマを見て、大きな感銘を受けました。

下記ネタバレ含みますので、気になる方は回れ右でお願いします。

続きを読む

test

ちょっと、ツイッターに更新情報が飛ぶかtestします。
test更新です。

ところで、この"test"。
ちょこっとしたソース書く時のファイル名の定番ですよね?

でも、プログラムメインの仕事じゃなかったりすると、
ちょこっとしたソースで機能がすべて実装できたりするので、
最終的に、ソース名が"test"で終わることがよくあります。

そうなると大変。
どこもかしこもtestだらけで、どれがなんなのか分からなくなってきます。
前に、周波数設定範囲を求めるソース書いた時、
データを上書きしてしまい、なかったことにしてしまったのは苦い思い出。。。

ファイルを保存するときは、ユニークな名前をつけるようにしましょうね。



因数分解って勉強する意味あるの?

こんばんは。
2日目です。
初日に頑張って3個記事を書きましたが、
今日明日と続けることができれば、
無事、三日坊主ランクまで格上げです。
はりきっていきましょー

というわけで、今日は、"因数分解"についてです。
タイトルみたいな質問。よく耳にしますよね。
他にも、"三角関数""微分・積分"がそのやり玉に挙げられます。

だいたい、こういう質問に対して教師は、

「数学は内容そのものに意味があるんではなくて、
問題を解くことで、論理的思考などの技術を磨くことができるんだ。」


みたいなことを言ったりします。

いやいや、そういうことを聞きたいんじゃないんですよ。
そんな答えじゃ、そういう質問する人を納得させることはできませんよ。
そんなわけで。
ちょっと別の観点から、因数分解を勉強する意味を考えてみましょう。


現在、様々なケースでコンピュータが使用されています。
PC・携帯電話はもちろんのこと、
お米を炊く炊飯器にだって、コンピュータが内蔵されています。

そんな人気者のコンピュータで使われているのが因数分解なのです。
・・・というのが、まぁ、普通の文の流れですが、実は違います。

そんな人気者のコンピュータでも嫌がるものが因数分解なのです。


では、ちょっとここで、そもそもコンピュータがどうやって動くのか?
ということを考えてみましょう。
まぁ。これに関しては詳しい人がたくさんいると思いますが、
簡単なイメージは"0と1による果てしない条件分岐の世界"です。
(ってことでいいですかね?)

 ・・・こんとき0だったら、こっちは1になって・・・
 ・・ここが1であっちも1だったらこれは今の値のまま・・
 ・でも、こっちが1になったから、そっちは0になって・・・・

みたいな感じで、
電卓をたたくと、一瞬で1+1=2を求めることができますが、
電卓の中では一生懸命電気信号がめんどくさいことをしています。

人間がこんなことやったら、多段積みのハノイの塔を解くみたいに、
わかりそうだけど、めんどくさくて、こんがらがる状態になること請け合いです。

それはコンピュータも一緒。
めんどくさいんですよ。
でも、コンピュータは人間と違って、
 ・決して間違えない
 ・処理速度が速い
という特技を持っています。

その結果、めんどくさがっているって見えないくらい
すぱっと問題を解いてくれるわけです。
さすが、人気者ですね。


では、話を戻して、因数分解を解くとき、コンピュータはどうなるでしょう?
たとえば、
 "x2+12x+35"
これを因数分解するには、どうしたらいいでしょう?
多分、高校1年生以上の人は、"1+1"と同じくらい一瞬で答えが出ると思います。

でも、コンピュータは、
 ・・・35=1×12・・・ダメ
 ・・・35=2×12・・・ダメ
 ・・・35=3×12・・・ダメ
 ・・・35=1×11・・・ダメ
 ・・・
 ・・
 ・
 ・・・35=4×7 ・・・ダメ
 ・・・35=5×7 ・・・OK

という風に、無駄に総当たり方式で調べるんで、
果てしなくめんどくさくなっていきます。
もちろん、コンピュータは、人間と違って途中で投げ出したりしませんが、
この桁がどんどん増えていった場合、
宇宙の寿命に匹敵する時間が必要になったりするんで、梵天様もビックリです。

ちなみに、このコンピュータの弱点をうまく使っているのが、
RSA暗号方式です。
ちなみに"RSA"は、ミラー効果と同じく、人の名前です♪

素数とか出てくるんで、詳しいことは専門書にお任せしますが、
簡単に言うとa=5とb=7という数字を使って暗号化してねーって情報を
"a×b="の"35"という積の数字で伝えることによって、
鍵を公開しているにも関わらず、因数分解できなければ解読できない。
って暗号方式です。
・・・この例だと誰でも解読可能になっちゃいますけどねw


まぁ、、実際は、ハードもアルゴリズムも発達していることですし、
人間がすらって解けるくらいの因数分解なんて、
コンピュータのほうが早く解けちゃいます。

でも、人間がちょっと考えないと解けない問題だったら、
解き方次第では、コンピュータに勝てるかもしれない??
そういう、"コンピュータに対して人間が対抗しうる最後の砦!!"
的な意味で、因数分解を勉強したら面白いんじゃないでしょうか?
っていうのが、私的な"因数分解を勉強する意味"です♪

こういう説明すれば、夢が広がるんだろうけどなー
とか思うのは、勝手な自己満足でしょうかw

ちなみに、高校レベルの数学の知識は、理系方面に進む方でしたら、
使う機会が多いと思うので、安心して勉強していいと思います。



プロフィール

たぬき♂

Author:たぬき♂
色々な側面から様々な事象を捉えていこうと頑張るこの番組。
ソースの大半は筆者の妄想ですので、鵜呑みにしないでくださいね。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。